白髪染めとヘナとを比べてどちらがいい?【効果・綺麗さは?】

今流行りの無添加系の白髪染めトリートメントとヘナ染めとだったらどっちがいいでしょう。

最近チラホラ白髪が目立ち始めたので、一度染めてみようかな・・・とは思っているんですがアトピーなのであまり強い薬剤のものは使いたくありません。となるとヘナか植物系の髪染めのどちらかかと決めかねています。実際この二つを比べてみてどうなんでしょうか?

37歳 匿名希望

昔は今ほど白髪染め商品の完成度が高くありませんでした。そのこともあって、白髪染めと言えばヘナが利用されていましたね。では今の人気商品と比べるとどうなのでしょうか。

質問メールありがとうございます!

ところで、ヘナって何なのでしょうかね。まずは先にそれを簡単に説明したいと思います。ヘナっていうのはインド北西部のラジャスタン地方などに自生する低木植物で、その葉は昔から染料として使われていました。

この葉が髪の毛を染めるのにも使えると分かって、ヘナでの白髪染めが流行ったという経緯です。ヘナは自然植物なので人に優しいのです。敏感肌・アトピー肌の方でも染められるというのがヘナの最大の魅力だと思います。そういえば、お婆ちゃんがヘナを使って染めていたなーと思い出しました。

「でもさ、そんなに良いなら何で流行ってないの?」と思われたことでしょう。ここにヘナのデメリットがあります。ヘナは染まりますし髪の毛にも人にも優しいという優れた商品!でも、これだけ優れていながらどうしても大勢の人に愛されない理由があります。

それが「臭い」です。知っている方もいるでしょうけど、ヘナってものすご~く臭いのです!(笑)

白髪染めでも特有の臭いを発する商品がありますけど、あーいうのって慣れてしまうんですよね。だから、使っていれば問題ありません。

でもね…ヘナの臭いだけは…ダメです!なれるなんていつの話なの?!って思っちゃうくらいに強烈な臭いです。もう言葉では言い表せない位の異臭…。だからヘナを使う人っていうのは少ないのですよね。

ただまあ、ヘナの体への優しさは折り紙つき。お婆ちゃんはアトピーだったのでヘナを使って髪の毛を染めていました。全く肌荒れとかはなかったみたいですよ。

さて、じゃあこのヘナと比べて今販売されている白髪染めはどう違うのかって事について。今は大分商品開発が進んできたこともあって、通販で売られている白髪染めとかのほうが良い感じだと思います。臭いだってありませんし。無添加ではない白髪染めだとツンと鼻にきますけど「臭い!」って程じゃないですもんね。

そして染まり具合。これは時代が進むにつれてどんどん良くなっている気がしますねー。それに安全性も増してきています。今って昔に比べると私たちの商品への関心が高まってるじゃないですか。だから、体に少しでも悪い商品は売れません。よって、メーカーは効果があって安全な商品を開発しているというわけです。

というわけで、ヘナと比べてみると通販で人気の商品の方が使いやすいという結論に。ただ、通販で売られている商品でもダメなものはダメなので、その辺りには気を付けて購入したいですね。

白髪染め博士「みたらし団子」